ヨークベルについて

平成24年11月27日より代表取締役に就任いたしました 武田 穣 でございます。
弊社は創業者である会長 三反田 忠満 によりクラレ中山台ニュータウン開発の住宅建築を担う目的で設立されました。その後、培った施工技術を認められ木造トップメーカーの施工や分譲マンション事業「ヨークベルシリーズ」を手掛けるなど社会資本整備に貢献すべく事業を継続し、今年で創業42年を迎えることができました。
これもひとえに、多くの皆様方のご指導とご支援の賜と厚く御礼申し上げます。

「ヨークベル」という社名には、創業者が昔訪れたイギリスヨーク地方の人々の「進取の精神」(ニューヨークを建立したといわれる)と、ベル(鐘)「幸せを願う気持ち」の二つの意味が込められています。

近年の住宅業界、とりわけ地域ビルダーを取り巻く環境は、少子高齢化、インターネット普及による顧客心理の変化、価格競争激化により明らかに「普通にやれば普通に潰れる」時代に突入しました。しかし、裏を返せば、これほどチャンスに満ち溢れた時代はないと考えています。誰もやらないことを誰よりも早くやる。これこそがヨークベルスピリッツです。

また、ヨークベルの経営理念はお客様の生活に「真の豊かさ」を生み出すことにあります。
人によって異なる豊かさの感じ方を徹底的に研究し、その空間に住むかぎり永続的に得られるお金では量れない幸せを実現していただくことがヨークベルの使命であり、至福の瞬間となります。社名の由来でもある幸せを願う気持ちをリボンに包み、お客様にプレゼントし続けていきたいと思います。

社長に就任して、これからも私は伝統や歴史を引き継いで「生活の豊かさ」を深めてまいります。
今後とも皆様のご愛顧とご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

平成24年11月  株式会社ヨークベル 代表取締役  武田 穣

外観