長期優良住宅

長く住まう、エコで豊かな安心の家。

長期優良住宅について

住宅を長期にわたり使用することにより、環境への負荷を低減するとともに、国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、
より優しい暮らしへの転換を図ることを目的として、平成21年6月に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が施行されました。
ヨークベルでは、長期優良住宅を標準仕様化することで、耐震性、耐久性、省エネ性等において優れた住まいをお客様に提供するとともに、
環境配慮と豊かな住宅の供給の点で社会にも貢献できればと考えております。

長期優良住宅の概要とヨークベルの対応

❶長期優良住宅建築等計画の認定

所轄行政庁による長期優良住宅建築等計画の認定を受けます。

■ 長期優良住宅認定基準とヨークベルの対応

A.省エネ性の確保

必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。

ヨークベルでは、省エネルギー対策等級4(次世省エネ基準)
で対応。

B.構造躯体の耐久性の確保

世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。

ヨークベルでは、劣化対策等級3などで対応。

C.耐震性の確保。

極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化をはかるため、損傷レベルの低減をはかる。

ヨークベルでは、耐震等級2で対応。

D.維持管理の容易性の確保

構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・装備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられていること。

ヨークベルでは、維持管理対策等級3で対応。

❷住宅履歴情報の整備

補助事業の実績報告までに住宅履歴情報の適切な整備および蓄積を行います。

❸建設過程の公開

住宅棟上げ以降で、内装工事よりも前の工程で、工事中の現場を一般公開します。

長期優良住宅のメリット

長期優良住宅は、優れた耐震性や耐久性、省エネ性などが得られ、条件によって補助金が受けられる場合があります。
さらに、それ以外にも以下のようなメリットがあります。

❶住宅履歴情報が整備される

新築時や点検、修繕などの履歴情報は、後のメンテナンス時に大いに役立ち、
また適切なメンテナンスを重ねそれを履歴情報として蓄積することで、資産価値が比較的高く維持できます。
※ 住宅引渡後の「住宅履歴情報」の管理は、お客様自身で行っていただくことになります。

❷税の特例措置が受けられる

住宅ローンを利用して住宅を新築又は購入した場合、「住宅借入金等特別控除」の適用を受けることができます。
「長期優良住宅」を新築又は購入した場合は、一般の住宅と比較して所得税の控除額が大きくなります。

❸住宅ローンの供給支援が受けられる

【長期優良住宅に対応した住宅ローンの供給支援】

民間金融機関が、認定長期優良住宅について最長50年の住宅ローンを供給できるよう、住宅金融支援機構が支援(フラット50)。

【優良住宅取得(フラット35S)の拡充】

住宅金融支援機構の優良住宅取得支援制度(フラット35S)において、
認定長期優良住宅等に係る金利優遇(0.3%金利引き下げ)の期間を当初10年間から20年間に延長。